お知らせ

大阪府北部地震で被災された皆様に対しお見舞い申し上げます。またお亡くなりになられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

地震直後弊社は朝礼終了後で、現場管理の社員は全員揃っておりました。被災され、お困りのお客様からご連絡があればすぐに動ける体制を整えておりました。
直後から枚方、茨木、高槻方面のお客様から「壁にひび割れができた」「瓦がズレて落ちそうになっている」「ガスが止まった」等々のご連絡をいただき、すぐに動きだしました。

電車が全て止まり、阪神高速も通行止めとなっており、お伺いするまで相当な時間を費やし、お待たせしてしまいました。申し訳ございません。
日頃一緒にお仕事をさせていただいている協力会社の瓦屋さん、鈑金屋さんたちは言うまでもなくあちこちから連絡が入り、全く動けない状況でした。
昼から順次お伺いさせていただき、安全性の確認などをさせていただきました。当日は特に目に見えている部分のご連絡が多かったと思われます。
数日後からは排水が流れにくくなった、気づかない部分にひび割れがあったなどのご連絡が増えて参りました。

注意点

  1. 外壁の割れなどは特に梅雨時期でもありますので、漏水の恐れがあります。
    内部は大丈夫でも外壁に割れがある場合もあります。ご確認ください。
  2. 屋根瓦はなかなか下から見えない部分でもあります。
    特に棟瓦(最上部)は傷んでいる場合もありますので、離れた場所などからご確認ください。
  3. 家具の固定をされておられないお客様から「水屋が倒れた」等のご連絡をいただきました。
    高齢のお客様はなかなかご自分で固定ができないので、地震当日応急で固定などさせていただきました。お困りの際はお申し付けください。
  4. 住宅の基礎などに大きなひび割れがある場合は、それなりの処置が必要な場合があります。
    ひび割れから雨水が浸入し、コンクリートの中の鉄筋が錆び、膨らんでコンクリートが爆裂(欠損する)します。大きなひび割れがないかご確認ください。ひび割れ部分から既に錆びが流れでている場合は処置しなければなりません。
  5. ブロック塀など外構(外部、庭)の構築物は先祖代々からそのままお使いの部分もあると思います。
    灯篭が倒れたというご連絡もございました。塀の構造に必要な鉄筋が入っているか、現状の塀の安全性はどうなのか?などチェックが必要な場合お申し付けください。
  6. 壁の石が落ちたというご連絡もいただきました。特に外壁の石、タイルなどもご確認ください。
    目視ではなかなかわかりませんが、固いもので「コンコン」と叩くと、浮いている部分があれば「ポコポコ」という音に変わります。少し難しいかもしれませんが。

上記以外にも建物についてのご心配、お困り事がございましたらいつでもご連絡お待ちしております。お伺いし、点検させていただきます!